loader

チャック兼用ローダ特許申請済
PKT-32N

マガジン(段積)と基板直積で、供給方法を選択できる兼用型ローダです。 直積基板は、吸着パッドを使用せず、チャック方式でつかみ上げます。 わずらわしい吸着パッドの位置調整が不要なので、段取り替えが簡単です。 吸着タイプに比べ、エアの消費量が少なく、装置もコンパクトです。

特長
  • 段取り替え頻度の多いラインに最適です。
  • 吸着用エア機器がありませんので、工場エアの消費が抑えられます。
  • 装置の設置面積に関しては、マガジン専用ローダとほぼ同程度のコンパクトな構造です。
  • タッチパネル(標準装備)にて、さまざまな設定や確認ができます。
    • 段積み(マガジン)供給と、直積み(生基板用専用ラック)供給の切り替えはタッチパネルにて行なえます。
    • マガジンの供給ピッチ、段位置、供給枚数の設定変更や供給タクトタイム、及び下流機に対する信号パターンの設定変更などが行なえます。
  • シグナル灯は標準装備。直積みラックは標準で1個付属。
仕様
電源 AC100V
エアー 0.4MPa以上
塗装色 ホワイト(TN-90)半ツヤ
基板 段積み時 サイズ 直積み時 W=50~250mm×L=80~330mm W=80~250mm×L=80~330mm
基板厚み 0.5~2.0mm (チャック:厚さ1.0mm以下の基板は実機にて確認)
対応マガジン W=320mm×L=355mm×H=570mm
基板搬送高さ 900±30mm
基板供給ピッチ 10mm 1~4段
搭載マガジン数(標準機) 空マガジン2ヶ、実マガジン3ヶ、リフタ内1ヶ
基板供給タクト マガジン使用時 約10秒/1枚 (チャック時    約13秒/1枚)
PKT32N_item

PDF製品カタログ

 

 

外形図 外形図_PKT32N

 

  • 自動幅可変仕様(オプション)を選択すれば、さらに段取り替えが 簡単になります。
  • 安全カバー
  • その他の特殊仕様については、ご相談に応じます。

関連商品